女の人

日本人に多い大腸がんを防ぐには食事を見直そう|がんの特徴

医療研究で使われる実験法

カウンセリング

免疫沈降とは、本来は可溶性である抗体と抗原が反応することによって不溶化して沈殿する性質を利用してタンパク質を抽出する実験方法のことです。その原理は、基質と抗体の連結部分を多くすることで構造体を巨大化させる所にあります。免疫沈降を行う際には、担体と呼ばれる吸着の媒介を行う土台が用いられます。この担体には様々な物質が採用されており、抽出するタンパク質の種類に応じて使い分けが行われています。免疫沈降を行う際に用いられるのは、遠心分離法です。これによってできた沈殿物を回収することによって、必要なタンパク質を抽出することができます。より純度の高いタンパク質を得るために、回収した沈殿物は緩衝剤できれいに洗浄されます。緩衝剤は刺激が弱いため、タンパク質に影響を与えることはありません。

それでは、免疫沈降を活用するメリットはどこにあるのでしょうか。免疫沈降を行う第一の目的は、実験を行うサンプル中に目的とするタンパク質が含まれるかどうか調べることです。目的のタンパク質もしくはそれと相互作用しているタンパク質を探すためには最も有効な手段とされています。一口に免疫沈降と言っても、様々な方法があります。それぞれに使用する器具が異なっており、実験に対応しているタンパク質も異なるのです。つまりタンパク質の種類に応じて色々な免疫沈降法があるため、最適なものを選ぶことによってより純度の高い実験結果が得られることになります。免疫沈降を活用することによって、医療や化学の現場で新しい治療法や薬の研究が進んでいます。免疫沈降は、これからの医療を支えるために必要な技術なのです。